トレジャーリサーチの返金制度は本当に使える?

トレジャーリサーチの返金制度は本当に使える?

最近、副業の非常に人気が高くなっていますが、そんな中でも「トレジャーリサーチ」は圧倒的な結果を出している副業の一つでしょう。

一方で、一部の人からは「怪しいビジネスじゃないの?」などと言った声も上がっています。

今回は、そんなトレジャーリサーチについて、特に「返金」について見ていきます。

トレジャーリサーチが稼げるというのは本当?

さて、まずはトレジャーリサーチという副業自体についてですが、「誰でも稼げる」という口コミが多いですが、本当なのでしょうか。

個人的に参加してみた感想にもなりますが、「言われたとおりに作業ができる人は稼げる」というのが正しいと思いました。

このトレジャーリサーチでは、専用のツールを使用しますが、どんなに良いツールであっても、正しい使い方をしなければ効果が十分に発揮されません。

トレジャーリサーチの返金制度は利用できる?

トレジャーリサーチには、返金制度というものがあります。

この返金制度は本当につかえるのか。

結論から言うと、返金制度は実際に使えます。

ではこの返金制度を使うべきなのか。

これについては実は、使うべきではありません。

理由としては、トレジャーリサーチの返金条件と、トレジャーリサーチという商材の特性にあります。

トレジャーリサーチの返金条件は、「利益が出ていないこと」です。

そのため、返金を受けようと思ったら、稼げるのにわざと稼がないといった体で偽らなくてはいけません。

もちろん、本気でやって稼げなかったなら、それは普通に返金を受けましょう。

しかし、普通にやっていれば稼げてしまうので、わざわざ返金保証を受ける必要はないでしょう。

そして、もう一つの理由が、商材の特性になりますが、トレジャーリサーチは専用のツールを利用しています。

返金制度を使ってしまうと、このツール自体が使えなくなってしまうのです。

これは、長期的に見た場合にも非常に大きなデメリットではないでしょうか。

単に情報だけを得られるような商材の場合、中身を把握して必要がないと思ったら返金しても良いかもしれません(モラル的な問題は無視しますが・・・)。

しかし、専用のツールが使えないようになってしまっては、今後稼げる可能性もなくなってしまうということです。

ツールが使えないだけならまだ良いですが、トレジャーリサーチを運営している株式会社LIMITからしても、良い心象は受けないでしょう。

ということは、今後何かのシステムを作成しても、参加できない可能性があるかもしれません。

これは、非常に勿体無いことではないでしょうか。

これらの理由から、私はトレジャーリサーチの返金制度は使うべきではないと考えます。